このページの記事リスト

スポンサーリンク
<<古い記事へ | ホーム |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新聞に超高速取引についての記事が掲載されている。

日経新聞 - 究極の「薄利多売買」、超高速取引は市場の破壊者か

コンピューターを使った超高速取引(HFT)が、
近年、急速に高まり、市場の流動性向上につながる一方で、
HFTの巨大化が市場の価格形成機能をゆがめかねない、というのだ。

HFTそれ自体に問題は無い。
問題は、他人の注文を察知して、先回りして売買しているのではないかと
いう「フロントランニング」、すなわち公正性への疑念だ。

全文を読む
「資産の自動運用を趣味で行っている方が、会社を興すまでになった」という記事が
日経ITProの記事に出ています。

「趣味が高じて本業になった」、マネーフォワードCTOの浅野氏
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140328/546845/?top_tl1


困ったところにビジネスあり、という見事なお手本ですね。
72の法則というものをご存じだろうか。

資産運用(複利)において元本を2倍にするときの
およその年数、金利が簡易に求められる法則である。
Wikipedia - 72の法則

恥ずかしながら、私はあるテレビ番組を見て最近知った。

式で表すと、以下のようになる。

金利(%)×年数(年)=72

例えば、
 ・金利が2%の複利だと、36年かかる
 ・金利が6%の複利だと、12年かかる
と簡単に計算できる。

数学的な近似計算としても、理にかなっており、なかなか興味深い。

およその値を簡単に計算したい時には、役に立つものだ。
システムトレードでは、機械的(自動的)に売買する。
人間の判断は入らずに放置できる、のが大きなメリットだ。

相場の上下を気にせず、システムを信じて、任せておけばよい。

しかし、人間は感情を持った生き物。
相場が下がると不安になり、システムを止めたくなる。
そうなったとき、どうすればよいか?

全文を読む
NISAが始まり、アベノミクスでの株高もあり、
多くの初心者の方が、投資を始めようとしている。

中には楽をしようと、「自動売買」に飛びつく人もいるだろう。
(この記事では、自動売買=システムトレードの意味で書く)

もちろん、この世の中に「うまい」話があるわけない。

しかし、「自動売買」について知ると、
過去のデータから未来を予測し、確率で確実に儲けられる、
といった論理的な説明によって、落とし穴にはまってしまいがちだ。
全文を読む
2年ほど前にIEを制御するクラスの紹介をしてきました。それからこれまでの間に、私の理解も進み、IE制御プログラムも改良してきました。
今回は、その2013/12版ということで、紹介したいと思います。
全文を読む
最近は、ブログの更新も滞り、質問への回答にも、なかなか時間が取れていません。

そのような中でも、IEの自動制御には、読者の皆さんからの関心は高いようです。
そのため、近くIEの制御のプログラムの改良版をアップしたいと思います。

IEの制御のプログラムは、すでに、投稿していますが、
私のほうで新しい知見もありましたので、皆さんにも公開したいと考えています。

今しばらく、お待ちいただければと思います。
スポンサーリンク
<<古い記事へ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。