スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

値(HTML、テキストデータ)を取得する

前回HTML要素とフレームを操作するで参照したい位置までたどることができるようになりました。次に、その値を取得する方法を説明します。
スポンサーリンク
値にはHTMLとテキストの2種類があります。HTMLは、たどったタグの内容そのもので、テキストはそのタグで表示される文言のみでタグは含まれません。実装は以下のようにします。
  Public ReadOnly Property InnerHtml As String
Get
Return DirectCast(_currentElement, MSHTML.IHTMLElement).innerHTML
End Get
End Property

Public ReadOnly Property InnerText As String
Get
Return DirectCast(_currentElement, MSHTML.IHTMLElement).innerText
End Get
End Property
HTMLを取得するか、テキストを取得するかは、用途に応じて使い分けてください。なお、以下のようにすると、ページ全体、あるいは、フレームの中のHTMLを取得することができます。
  log.Info(ie.RootFrame().InnerHtml)
log.Info(ie.RootFrame().Frame("bottom").InnerHtml)
log.Info(ie.RootFrame().Frame("bottom").Frame("left").InnerHtml)
スポンサーリンク
<<自動売買で本当に儲かるのか? | ホーム | リンクをクリックする>>
コメント(-)
コメントの投稿
トラックバック(-)
コメント(0)
コメントの投稿
トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。