スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

リンクをクリックする

ブラウザの機能のうち、リンクをクリックして次々と別のページに遷移できるのが特徴の一つです。以下のような実装で、開いているページのリンクをクリックするメソッドをIEWrapperクラスに追加します。
スポンサーリンク
  Function TryClick() As Boolean
Try
Click()
Return True
Catch ex As TimeoutException
log.Warn("Clickに失敗しました。", ex)
End Try
Return False
End Function

Sub Click()
DirectCast(_currentElement, MSHTML.IHTMLElement).click()
WaitIE()
End Sub
リンクのクリックは、以下のように、まずElementメソッドでa要素までたどり、そのあと、その要素のClickメソッドを呼び出すことでクリックしています。
  ie.RootElement().Element("html", 0).Element("body", 0).Element("a", 3).Click()
スポンサーリンク
<<値(HTML、テキストデータ)を取得する | ホーム | フォーム操作1(テキストボックス、ボタン)>>
コメント(-)
コメントの投稿
トラックバック(-)
コメント(0)
コメントの投稿
トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。