スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

買い注文画面

買い注文画面のHTMLソースは注文タブの基本クラスで示した通りです。買い注文画面クラスは以下のようになります。
スポンサーリンク
Public Class LongBuyOrder
Inherits AbstructOrderFrame

Private _trade As IDayTrade

Sub New(ByVal screen As LongBuySearch, ByVal dt As IDayTrade)
MyBase.new(DirectCast(screen, AbstructWebScreen))
_trade = dt
End Sub

Sub Execute()
ExecuteCommon(_trade.BuyOrder.price, _trade.unit, AbstructWebOrder.OrderType.買付, OrderActionType.新規注文, _trade.BuyOrder.ConditionType)
ConfirmPassId()
End Sub

End Class
LongBuyOrderクラスは、AbstructOrderFrameクラスを継承しています。tradeフィールドのIDayTradeインタフェースは、トレードを表すインタフェースです。Executeメソッドは、注文の実行を行います。AbstructOrderFrame#ExecuteCommonメソッドを呼び出しています。
スポンサーリンク
<<買い検索画面 | ホーム | 資産一覧画面>>
コメント(-)
コメントの投稿
トラックバック(-)
コメント(0)
コメントの投稿
トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。