スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

買い注文

買い注文は以下のように行います。
スポンサーリンク
  '買い注文
Overrides Function Buy(ByVal dt As IDayTrade) As Boolean
log.InfoFormat("買い注文をします。code={0} unit={1} price={2}", dt.company_id, dt.unit, dt.BuyOrder.price)
_fundMgr.FlagOnBalanceGet()
Try
_web.GoOrderSearch().GoOrder(dt).Execute()
Return True
Catch ex As Exception
log.Warn("例外が発生しました。", ex)
End Try
log.WarnFormat("買い注文に失敗しました。code={0} unit={1} price={2}", dt.company_id, dt.unit, dt.BuyOrder.price)
Return False
End Function
RakutenWebControllerクラスのBuyメソッドで、買い注文を行います。_webオブジェクトから画面遷移を行い、注文を行うまで1行で書けるようになっています。
なお、Buyメソッドを含め、以下のメソッドでは、成功したらTrue、失敗したらFalseを返すメソッドとなっています。
スポンサーリンク
<<購入余力金額確認 | ホーム | 売り注文>>
コメント(-)
コメントの投稿
トラックバック(-)
コメント(0)
コメントの投稿
トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。