スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

IE操作による注文のデメリット

ここまでの説明で、証券会社のWebサイトからIE操作による注文ができるようになりました。IE操作による注文は、どの証券会社にも応用することができる大きなメリットがある一方で、デメリットもあります。ここでは、デメリットもお話ししておきます。
スポンサーリンク
IE操作による注文のデメリットとは、売買のシグナルが発生してから、実際に注文を出すまでに数秒から十数秒の遅れが出てしまうことです。というのも、Webサイトにアクセスする際、ページ遷移のとき、Webサーバからの応答を待つ必要があるからです。

これを、証券会社の注文専用のAPIやマーケットスピードのような注文ソフトウェアなどを使えば、それほどの遅れは出ないでしょう。もちろん手動で入力するのと比べれば、自動操作は一瞬で間違いもありませんから、圧倒的に有利です。

さて、システムを作成するとき、デメリットも知っておくことはとても重要になります。なぜなら、デメリットに対する対策を立てることができるからです。

上のようなデメリットであれば、例えば、インターネットの通信を光回線にする、というのが対策の一つになります。回線が速くなればそれだけ、Webサーバからの応答も速くなるからです。

時として、メリットと同時にデメリットもあるというトレードオフの関係にある事象があります。メリットとデメリットを天秤にかけ判断するとともに、デメリットを補う方法を考えていくことも必要です。
スポンサーリンク
<<買い/売り注文詳細確認 | ホーム | プログラムに必ずミスはある>>
コメント(-)
コメントの投稿
トラックバック(-)
コメント(0)
コメントの投稿
トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。